ホーム  事例紹介 リビング・ダイニングルームにつながる子供部屋

リビング・ダイニングルームにつながる子供部屋

リビング・ダイニングルームにつながる子供部屋
中古マンションを購入し、DENとウォークインクローゼットを取り壊して、リビング・ダイニングルームの一角に開放的な子供部屋を作りたいとのご要望でした。
個室としての機能を持ちつつ、開放感を出す為にはどうしたら良いのか。
既にお持ちの家具や収納物をどのように配置すれば暮らしやすいのかをご提案させて頂きました。
提 案 内 容
リフォーム 設計デザイン(DENとウォークインクローゼットを1部屋に変更)、収納計画、内装仕上げ選定
照明計画、キッチン食器洗浄乾燥機取替え
コーディネート 全体プランニング、家具配置計画
家族と隣り合う子供部屋
家族と隣り合う子供部屋リビング・ダイニングルームにつながる部屋なので、開放感がある空間にしたいとのご要望でした。
開放感を感じていただけるように、開口が取れる3枚引き込み建具をご提案しました。
引戸を閉めれば個室に、開ければリビング・ダイニングルームと一体感のある空間になります。
また、ご予算を圧迫しないように、左側の引き違い戸は、DENに使われていた建具を再利用しています。引戸を閉めて個室に、開けてリビング・ダイニングルームと一体感の空間へ
可動棚収納を部屋のアクセントに。
可動棚収納を部屋のアクセントに
お子様が成長されても、棚位置を変える事で様々な収納に対応できるように可動棚を提案しました。
また、壁のアクセントクロスはお子様とカタログを見ながら選定をしました。

収納物を考えた収納計画
お持ちのタンスを収納したいとのご要望があり、タンスの寸法を基に、引出しの出し入れが可能な有効開口寸法をもつ建具を選定し、中棚の取り付け高さも決定しました。
上棚の位置は、お客様に立ち会って頂き、使い勝手の確認をしながら取り付け位置を決めました。
収納物を考えた収納計画

床高違いは敷居を加工して解決
床高違いは敷居を加工して解決
DENとウォークインクローゼットだった部屋の壁を取り壊したところ、部屋ごとに床高が違っていました。
今回は、フローリングを張り替えないご要望でしたので、壁があった部分の溝は敷居を埋め込み、電動サンダーで少しづつ斜めに削り、なるべくなだらかになるように仕上げました。

お気軽にご連絡ください お問い合わせ