ホーム  事例紹介  木造の良さを残した和洋折衷の空間

木造の良さを残した和洋折衷の空間(スケルトン・戸建)

木造の良さを残した和洋折衷の空間

お客様のご要望は、築45年の家のメンテナンスと、6帖のスペースの中にあったキッチンと浴室と洗濯機置場(※洗面台なし)を、広くて機能的な空間にし、快適なスペースにすることでした。
ただ、水廻りを広くとると、リビングダイニングと収納スペースが狭くなってしまうため、いかに広く見せて収納スペースを確保するかを重視し、目線と動線を考えました。

木造の良さを残した和洋折衷の空間 図面

和洋折衷のリビング

和洋折衷のリビング(AFTER)
和洋折衷のリビング(BEFORE)

長い間、畳の生活に慣れていらっしゃったので、洋室に畳を残した和洋折衷のプランです。 どうしても抜けなかった2本の柱は、きれいに化粧され、部屋のアクセントとして佇んでいます。

高くて明るい空間

高くて明るい空間(AFTER)
高くて明るい空間(BEFORE)

和室の鴨居を取り外すと、目線が広がります。
壁の白さとシーリングライトの効果で、部屋全体が 明るくなりました。
天井まである収納扉は、開けた時に上部の物が取り出しやすいようするためです。

雨戸収納を飾り棚に

雨戸収納を飾り棚に(AFTER)
雨戸収納を飾り棚に(BEFORE)
雨戸収納を飾り棚に(BEFORE)

以前は、和室側は壁、その外側は雨戸を引き込む スペースだったところを、奥様のご意見からガラス ショーケースの飾り棚にしました。

お気軽にご連絡ください お問い合わせ